blog

Jacques Hitier School Desk

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス 1952年
ジャック・イティエ
スクールデスク
 
フランスの建築家、ミッドセンチュリーデザイナー
ジャック・イティエ(1917-1999)
によるデザインのデスクです。
 
3本脚が特徴的なこちらのデスクは、そのデザインから
tripod-トライポッド-などと呼ばれています。
 
オーク材とスチールによる簡易的なデザインながら
木目が綺麗でなんとも味わいがあり、とても雰囲気のある佇まいです。
公共機関デザインや工業デザインが
お好きな方にもおすすめしたいデスクです。
 
このデスクには1950年代当時、通常販売版の突き板(プライウッド)で作られた物や
引き出しの取手の無い物が存在しますが、こちらの商品はオークの無垢材で
作られており、引き出しの下部に取手が付く(写真6枚目をご参照ください。)
実際にフランスの大学で使われていた大変珍しいバージョンです。
 
シンプルなデザインですが機能的で、まず3本脚である事からデスクとチェア
の間に体を入れやすく、椅子をわざわざ後ろまで引き、腰掛けてから
また椅子を戻すという動作が必要ありません。
少し椅子を引いただけで、左側からスッと体を滑り込ませるように
掛けられるというわけです。
3本脚による不安定さは無く、とても安定しています。
 
体が触れる部分の角は丸く処理されるなど、大変実用的なデザインです。
大きさも程よく、お部屋で壁付けして、PCデスクなどに使われるのがおすすめです。
 
 
ジャック・イティエは20世紀後半の装飾的な芸術の偉人の1人として挙げられ
現代に出版された彼のデザイン集は、あのカール・ラガーフェルドのおすすめの本の
一冊としてもあげられています。
 
パリで生まれた彼は、13歳のときにパリの有名な芸術学校、
Ecole Boulle(エコール ブール)に入学しデザインを学びました
 
卒業後、第二次世界大戦の後は
学校および政府の建物のようなパブリックスペースの産業家具のデザインを
専門としましたが、その一方では高級なハイエンドホームファニチャーを
デザインするなど、大変精力的にデザイン活動を行いました。
多くのデザインコンテストに頻繁に参加していたことも知られています。
 
先のブログ、こちらでご紹介したマルセル・ガスコアンのプロジェクトに、
スチールパイプを使った家具のデザイナーとしても参加。
 
Ecole Boulleにて1964年〜1972年までは学部長を、
1972年から1982年まではディレクターを務めています。
 
1950年代当時のパリ、公共の環境で実際に使われていた簡潔ですが優れたデザイン。
ぜひお部屋にいかがですか?
 
 
オーク材+スチール
 
 
構造確認後この家具の持つ雰囲気を壊さないリペアにとどめています。
 
ご要望によりピカピカにリペアする事も可能です。
 
 
 
商品についてのお問い合わせは
までお願いいたします。
 
 
 

 

Marcel Gascoin Model “C” Chair

 

 

 

 

 

 

 

フランス 1942年
マルセル・ガスコアン
モデル”C”チェアー
 
フランスのミッドセンチュリーデザイナー
マルセル・ガスコアン(1907~1986)
によるデザインの椅子、モデルCチェアです。
 
この椅子は一見地味で素朴なデザインですが、細部まで
考え抜かれたデザインが素晴らしく、見ていて一切の違和感などを
感じる事のないデザイナーのこだわりが行き届いた素晴らしい椅子です。
 
どの角度から見ても美しく、その佇まいには安心感すら感じます。
 
脚の形状や素材、椅子のパーツ構成はこの時代のフレンチデザイン
を踏襲していますが座面の置き方などに個性があります。
 
この椅子には座面、背面がプライウッドや藤で作られたものが存在しますが
こちらのストロー(い草)で張られたものは当時、受注による
オーダー製作販売しかされておらず、数が少ないため貴重です。
 
またこちらの椅子は座面を支える後ろ側のアーチ(写真5、7枚目をご参照ください)
が2つに分かれている初期に作られたものの為、合わせて希少です。
(初期版以降は後ろのアーチが一本のパーツになります。)
 
コレクターの方にもインテリアの一環として自信を持っておすすめしたい
フレンチミッドセンチュリーのなかでもとても”らしい”、優れたデザインの椅子です。
 
もちろん実用性があります。
座面、背面の角度がなんとも具合よく、温かみのある素材感そのままの
安心感のある座り心地です。
ダイニングテーブルやデスクに合わせるのがおすすめです。
 
マルセル・ガスコアンはフランスのデザインアーティスト集団、UAMの
メンバーの1人で、そのメンバーはコルビュジェやジャン・プルーヴェ、
シャルロット・ペリアンなどフレンチモダンを語る上で絶対にはずす事のできない
そうそうたるメンバーでした。
UAMは、当時アールデコが主流だったフランスのデザイン界の流れを断ち、
モダンデザインを世に送り出したアーティスト集団です。
 
木材を多用した温かみのある、実用性に富みながらもデザイン性が高い家具や
インテリアデザインが特徴で、彼の残したアイテムはフランス本国でも
大変人気があり、なかなか見つけられない希少性の高いものとなっています。
 
先のブログこちらでもご紹介したピエール・ガリッシュの師にあたり、
他にも多くのデザイナーを育てました。
そのため、フレンチミッドセンチュリーのデザイナーのなかでも
大変重要な人物にあたります。
 
 
時を経て、実用性をそこなわず現代に残る温かみのある椅子。
そのデザインに古臭さは無く、置くだけで当時のデザイナーの
目指した新しいデザインの流れが目に浮かびます。
 
 
とてもとても素敵な椅子。オーラがあります。
 
 
オーク材+ストロー。
 
 
構造確認後この椅子の持つ風合いをそこなわないリペアにとどめています。
 
 
 
 
商品についてのお問い合わせは
までお願いいたします。
 
 

Pierre Guariche SK660 Chair

 

 

 

 

 

 

 

 

※Sold Item※
 
フランス 1953年
ピエール・ガリッシュ
Steiner SK660チェアー
 
フランスのミッドセンチュリーデザイナー
ピエール・ガリッシュ(1926-1995)
によるデザインの椅子、モデルSK660です。
 
この椅子、日本ではあまり流通していません。
近年の世界的なフレンチミッドセンチュリーモダンの流行からか、フランス本国でも
ほとんど見かけなくなりました。
 
といってもパリの高級なギャラリーで目が飛び出すような価格で
販売されているのはたまに見かけますが。。。
 
それはさておき、
 
緩やかな曲線やカーブのラインを生かしたままに全面をファブリックで覆い、
支え包み込むようなデザインのスチールの脚。
とても美しいデザインです。
 
有機的なデザインという意味では私個人的に、まるで動物のような
フォルムだと初めて見た時に思いました。
 
コロンとした可愛らしい佇まいですが、見る角度によって
様々な表情を見せます。
 
このモデルはアームの無いデザインの物も存在しますが、
デザイン的にも機能(座り心地)的にもこちらのアームがある方が
より使いやすいです。
 
座面の高さと角度、奥行き、背面との角度など、
計算し尽くされた最高の座り心地。
 
ラウンジチェアやイージーチェアとしても紹介されますが、
このすばらしい座り心地はまさに1人掛けのソファーともいえる、
とてもリラックスできる座り心地です。
 
 
ピエール・ガリッシュはフレンチミッドセンチュリーのデザイナーのなかでも
近年特に評価が高まっているデザイナーの1人で、
様々な素晴らしいデザインの家具を残しています。
また、彼のデザインした家具はパリのポンピドゥーセンターなどにも
おさめられています。
 
マルセル・ガスコアンに師事しデザインを学んだのち、様々なメーカーから
彼のデザインした家具が製造、販売されました。
ジョセフ・アンドレ・モット、ミッシェル・モルチエらと組み
立ち上げたユニット、A.R.P.としてデザイン活動した事も有名です。
 
当店でも販売していますが、1954年デザインのチェア、Tonneauは
フランスで最初の成形合板を使った椅子として広く知られています。
 
1956年、コルビュジェによるmaison de la cultureのインテリアを担当。
 
フレンチミッドセンチュリーデザインの素晴らしさを
現代に数多く残しています。
 
フレンチミッドセンチュリーがお好きな方にはもちろんのこと、
ゆったりとリラックスできる椅子をお探しの方にも
おすすめしたい素敵な椅子です。
 
ファブリック+スチール。
内部木材構造もしっかりとしています。
 
構造確認後再構築。イギリス製マービック社のファブリックにて張り替え済み。
内部クッション取り替え済み。
安心して清潔な状態でお使いいただけます。
 
 
 
 
商品についてのお問い合わせは
までお願いいたします。
 
 

 

‘Totem’ Floor Lamp Goffredo Reggiani

 

 

 

 

 

※Sold Item※
 
イタリア 1960年代
Goffredo Reggiani
‘Totem’ Floor Lamp 
 
 
イタリアのミッドセンチュリーの照明デザイナー
レジアーニによるデザインのフロアランプです。
 
美しく曲げられたチーク材のプライウッドに、
縦に並ぶオパリーヌが特徴的なデザインで、その見た目から
“トーテム”や”サーフボード”などと呼ばれたりもします。
 
ホワイトオパリーヌを通された光は温かみがあり、
存在感のあるデザインと相まってお部屋の雰囲気を明るくしてくれます。
 
有機的な素材感に無機質に並んだ3つの明かり。
 
これぞミッドセンチュリーモダンといった
秀逸なデザインです。
 
チーク材プライウッド+ホワイトオパリーヌグラス
+メタル+マーブル
 
電気配線はすべて新しいものに交換済み
安心してお使いいただけます。
 
 

 

商品についてのお問い合わせは

 

までお願いいたします。

 

 

フランスよりコンテナ到着のお知らせ



6、7月に渡りフランスにて買い付けた商品が
到着いたしました。
家具はもちろんのこと、照明や小物など素敵な商品が
盛りだくさんです。

特に今回はミッドセンチュリーの家具の良いものが
たくさんみつかりました。

皆様、是非ハリーズアンティークマーケットとギャラリー陶夢に
宝探しにいらしてください。

スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。



Pierre Guariche Magazine Rack

格好いい。

その一言に尽きるデザインです。

ピエール・ガリッシュ マガジンラック

SRCD35 FUTURE PRIMITIVE CHAPTER ONE


SRCD35 FUTURE PRIMITIVE CHAPTER ONE
Mixed by RYOTA TORIIGAHARA  Design by ANDREW BUNNEY
初回限定版FUTURE PRIMITIVE、BRITISH REMAINSのステッカー封入






FUTURE PRIMITIVE CHAPTER ONE TEE #1 #2



CDの発売を記念して作られたFUTURE PRIMITIVEのT-SHIRT
CDのジャケットと同じデザインのレオパードプリント、
DCRF、LCRFのメッセージプリント、ともに素敵なデザインです。


CD、T-SHIRTともにわずかですが在庫がございます。


商品についてのお問い合わせは



までお願いいたします。




Erik Buch Dining Chair

 

 

 

 

 

デンマーク 1956年
エリック・バック(エリック・ブーフ)
ダイニングチェア
 
 
デンマークのミッドセンチュリーデザイナー
エリック・バックによるデザインの
ダイニングチェアです。
 
美しいチークの木目と色が目をひく
存在感のある椅子です。
 
また、なんといってもこの椅子のデザインの特徴は
横から見た際に座面がまるで宙に浮いているかのように
見えるところにあります。
 
個性的なデザインですがうるさくなく、
木目を生かした有機的なデザインとクリアーな色合いのファブリックが
ダイニングに温かみと清潔感をもたらします。
 
座面の深さがあるためとてもしっかりとした座り心地で
背面のカーブが背中をなんとも優しく支えます。
 
構造確認後再構築済み
傷や汚れはほぼ見られません。
イギリス製ファブリックと新しいウレタンに張り替え済み。
当時のオリジナルのステッカーも残っています。
 
チーク材オイルフィニッシュ+イギリスのマーベリック社の生地
で張り替え済み。
 
ダイニングチェアをお探しの方に是非
おすすめしたい椅子です。
 
4脚ございます。
 
 
 
商品についてのお問い合わせは
までお願いいたします。
 
 
 
 
 
 

 

KHO LIANG LE Model:315 Chair

 

 

 

 

オランダ 1957年
コ・リアン・リー
モデル315チェアー
 
 
オランダでデザイナーとして活躍したインドネシア出身の
ミッドセンチュリーデザイナー
KHO LIANG LE(コ・リアン・リー)1927~1975
によるデザインの椅子、モデル315チェアーです。
プライウッドとスチールの組み合わせがミッドセンチュリーデザインらしい
なんとも可愛らしい佇まいの椅子です。
座面、背面の角度がなんともいい具合で、一見固そうに見える素材の
印象を全く感じさせない座り心地です。
インテリアのアクセントに一脚ポツリと置かれても良いですが
デスクなどに合わせるのがおすすめです。
 
 
プライウッド、スチール共に曲げのラインが美しく
この椅子が学校やパブリックスペースで実際に使われていると思うと、オランダのミッドセンチュリーデザインの奥深さを感じずにはいられません。
 
コ・リアン・リーは、オランダの家具メーカーArtifort社のコンサルタントデザイナーに
任命され、スキポール空港のインテリアデザイン等も手掛けました。
オランダのミッドセンチュリーデザインを語る上で欠かせないデザイナーです。

こちらの椅子は代表作 “model.315″の1957年ファーストエディションモデルです。
状態が大変良く、ファーストエディションでこの状態のものは非常に珍しいです。
 
パリでこの椅子の人気は凄まじく、最近のパリでの買い付けに際にも
50脚ほどスタッキングされたこちらの椅子を
1人のバイヤーが全て買い占めているシーンを目撃しました。。。
 
 
プライウッド+スチール
 
 

 

 

 

 

こちらの画像の椅子も同じデザイナーによる同じデザインの椅子ですが
上の物と大きさとマテリアルが異なります。
先の椅子よりも低めに作られており、その座面の高さやデザイン、
色使いからラウンジチェアーやイージーチェアーとしての印象もうかがわせます。
 
こちらもミッドセンチュリーデザインらしい色使いがとても可愛らしく
この愛嬌あるデザインから女性がドレッサーに合わせて使われるのにも
おすすめしたい椅子です。
オリジナルのまま、水や汚れに強いビニールレザーが張ってあります。
 
このビニールレザーが張ってあるバージョンは初めて見ました。
大変珍しく、コレクターの方にもおすすめです。
 
フランス、パリの業者より買い付けた物です。
 
 
ご要望に応じて布地への張り替えも可能です。
 
ビニールレザー+プライウッド+スチール
商品についてのお問い合わせは
までお願いいたします。

 

Arne Vodder Arm Chair

 

 

 

デンマーク 1958年
アルネ・ヴォッダー
アーム チェアー
デンマークのミッドセンチュリーデザイナー
アルネ・ヴォッダーによるデザインの椅子です。
アーム付きの座り心地のよい椅子ですが、少し座面の高さがあるため
イージーチェアやラウンジチェアの他にも、
大きめのデスクに合わせても良さそうです。
オーガニックなデザインのアームから背面へのラインがとても美しく、
削り出しにより作られたそれぞれのパーツの
接合部分もとても綺麗です。
アルネ・ヴォッダーはフィン・ユールと親交があったそうで、
こちらの椅子のデザインにもフィン・ユールのデザインからの影響が見られます。
チーク材+イギリスのマーベリック社の生地に張り替え済み。
商品についてのお問い合わせは
までお願いいたします。

 

Robin Day Bridge Chair

イギリス 1955年
 ロビン・デイ
ブリッジ・チェア
個性的で特徴的な形とは裏腹にとてもシンプルな構造で
すごくしっかりとした作りです。
素晴らしいデザインです。座り心地も良く、デスクなどに合わせるのがおすすめです。
イギリスのイームズとも称され、イギリスのミッドセンチュリーデザインを牽引したデザイナー、ロビン・デイ。
グラスファイバーやポリプロピレン、プラスチックといった素材を使った作品が有名ですが、それらに先駆けてデザインしたオーク材を使った珍しいチェアです。
オーク材+プライウッド+ビニールレザー
商品のお問い合わせは
までお願いいたします。

 

NEW OPEN

2014年7月20日、鹿児島市甲突町にOPENしたミッドセンチュリーモダンの
インテリアショップ、ハリーズアンティークマーケットです。


お店のコンセプトは若者からご年配の男女問わず幅広い年齢層(ある程度インテリアに関心やこだわりのある方、物の価値を価格の安さだけに見いださない方)に向けて


ヨーロッパ(北欧、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、オランダなど)

に行き直接買い付けた
デザイナー物を主としたミッドセンチュリーモダン家具やインテリア雑貨を展示、
販売、目で見てもらい、触れてもらうスペースです。


倉庫の中という不思議な空間の中に一歩足を踏み入ると
インテリア好きにはたまらないスペースです。
ヨーロッパのヴィンテージ家具という鹿児島では多少ニッチな商材を扱いますが、
その分こだわり抜いた商品は、家具やインテリアにこだわりを持つような
ライフスタイルの方にも喜んでいただけたり、
満足してもらえるお店だと考えています。
また、ヴィンテージの家具を大切に使い、次世代まで残していくような感覚も
提案したいと考えています。


デザインと機能性がマッチした美しく格好良く、使い勝手の良い家具を、

シンプルなスペースに展示しています。
洗練された商品を、親しみ易い雰囲気で見てもらえるようなお店に育てていきたいと
考えています。
お店の名前は、姉妹店のギャラリー陶夢で以前飼っていた
ハリーという犬からとって、 


HARRYS ANTIQUE MARKET(ハリーズアンティークマーケット)です。




住所  鹿児島市甲突町28-1

TEL/FAX   099-226-0666 
営業時間    11:00~19:00
定休日       水曜日


少しわかりにくいところにございます。

ご来店の際はお気軽にお電話等でお問い合わせ頂けると幸いです。

38 / 38« 先頭...102030...3435363738